ワンランクアップの冠婚葬祭コーデ

Blog Templates 冠婚葬祭。誰もが知っていているファッション。その反面、自己流な知識でコーディネートしてしまっている人が多いのが冠婚葬祭ファッションではないでしょうか?
まず冠婚の方ですが、昼と夜とではドレスコードが違います。昼間は上品さ、清楚さ、夜には華やかさが求められます。そういう常識をふまえた上で、他の方に差をつけるワンランク上のコーデはどうすればいいのでしょうか?ドレス単体ではデザイン的な物だけでは差が付けにくいと思います。ジュエリーや小物でワンランク上、皆とは差がつくコーデが可能だと思います。例を書くならば、昼間はパール。パールと言ってもピンクパール、ゴールドパールなど種類も豊富で、清楚でありながら陽の光に反射してキラキラ輝きます。夜はパールとダイヤなどの重ね付け、ロングネックレスなどで存在感を出すのも素敵ですよね?
次に葬祭ですが、あくまで悲しみのお席ですので、ごくごく普通の地味めな喪服を着用するのが常識です。今はオシャレな喪服もありますが、やはり派手になり過ぎない、地味な上品さを出すことが重要ではないでしょうか?ここでも差をつけるのはジュエリーです。小ぶりなパールの一連ネックレスとピアスなどでファッションをアピール。
思い込みではなく、きちんと常識、知識をしった上でのワンランク上のコーデをすることが重要です。

パーティドレスの選び方

Free Blog Template 12月に入るとクリスマスや忘年会などパーティやイベントごとが増えるのでドレスを着る機会も増えますよね。パーティドレスを選ぶ際にはそれがどういったたぐいの集まりなのかということを踏まえることが重要です。
仲の良い気の知れた仲間うちだけのパーティならば、自分が好きなドレスを選んでも良いでしょう。しかし会社の忘年会となると注意が必要です。場慣れした先輩にアドバイスをもらうと良いでしょう。取引先やお客様も同席するパーティの場合は自分の服装が会社のイメージに影響することもあるので気をつけましょう。万人うけがよく無難なものは、派手すぎないもので露出が少ないものです。このような席では自分の好みではないファッションをすることも必要です。
ドレスを選ぶ際はどういった会場なのかということも気にしておく必要があります。居酒屋やアットホームな会場であれば派手に着飾ると場の雰囲気に合いません。カジュアル寄りで少しきれいなドレスが良いでしょう。反対にホテルが会場になった場合はカジュアルだと失礼にあたるので普段より着飾りましょう。ヘアスタイルにも配慮して髪の毛をとかすのはもちろん、きれいなカラーリングを施し、コサージュやリボンなどをつけると美しく見えます。

おすすめファッションのページ

グランドセイコーを検索